So-net無料ブログ作成
検索選択

そして高校受験 [中学校、高校受験、塾、高校、大学受験、予備校]

私立高校の受験前には三者面談後の怒りもあり、偏差値65まで上昇し、チャレンジ
受験と思っていた私立高校も合格判定が80%まで上がっていきました。

年明けにまず、滑り止めの私立高校の受験があります。
偏差値60で進学クラス。息子も緊張せず問題を解くことができたようで電話をもらった時には
安心しました。これなら大丈夫だと。

2日後に郵送で合格通知が来たと嫁さんから連絡があり、しかも特待生での合格だったと。
嫁さん電話越しに泣いていました。数名しかいない上位の特待だったと。

塾で試験問題の答え合わせをしてくれた様で、特進コースを受けていても特待生で十分
合格できていますよと連絡があったようです。

次はチャレンジ受験となる可能性がある私立高校でしたが、過去問題より数学の難易度が
今年から上がり、出来ても半分と息子から連絡があり、合格は五分五分かと思っていました。

結果は残念ながら不合格となり、息子は落ち込んでいましたが、今は立ち直っています。

中学校に合否の報告をするのですが、チャレンジ受験の可能性のあった私立高校の不合格は
さておき、滑り止めの私立高校でありますが、偏差値60の進学コースの特待生合格には
担任および学年主任も驚いていたようで、「そうか…おめでとう」としか言えなかったようです。

私立高校の受験も終わり、息子の学力が解り公立高校をどこにするか悩んでいた時に
公立高校も中学校と同じような評価の仕方を行うことがわかり、さらに担任からは
私立高校に行くなら、公立高校は受けないで欲しいとまで言われたようです。

理由は息子の学力がわかり、偏差値60前後の公立高校を受けてしまうと合格してしまい、
他の子の枠が1減ってしまうからというものでした。

息子にはそんなの関係ないから公立高校も受けたらと言いましたが、中学校の対応に
あきれてしまって、もういいやと思ったようで、受けないことになり私立高校に入学することが
確定しました。

中学校と同じ様な評価基準なら行っても意味のないような感じがしていたので、
私立高校でいいかなと思いました。

今現在同じように悩み苦労している方が大勢いると思います。
中学校や公立高校の絶対評価制度の問題や子供に対しての思い。
受験終了までの半年間、息子とも良く話しましたし、受験高校決定までの間に
息子も自分の実力が分からなくなり泣いた事もあります。

受験って本当に大変です。
親も努力しなければいけないし、受験生本人はなおさらです。

2年の終了間際に、塾の送り迎えの車の中で息子とこんなことを話しました。

「将来どんな職業に就きたいの?」と聞くと息子はまだわからないと。
「じゃあ文系と理系とどっちがいい?」という質問に少し考えて、理系かなと答えてきました。

「理系ってどんな職業があるの?」と息子から逆に質問があり、
「分野的には物理や電気・電子・機械・建設・医学薬学・情報処理なんかもかな」と答えたところ

「理系って分野広いんだね。選択肢がいっぱいあってなんだか楽しそうだ」と言っていたのを
覚えています。

「どうして家から遠い塾に通ってもらっているかわかる?無理やりと感じるかもしれないけど。」
と聞くと「学校の成績が悪いからでしょ?」と。

「さっき、理系が選択肢がいっぱいあって楽しそうだといってたよね?」と尋ねると
「そうだね」と。

「近い将来、大学通って卒業して就職するわけだよね。その時に自分でここがいいと思った
所に勤める事になると思うんだけど、その会社がある特定の条件でしか採用してくれない会社
だったらどうするつもり?」と聞くと

「おそらく、その条件に見合う位置にいない自分を責めるだろうし、後悔するだろうね…」と
言ってきたので

「そういう条件を満たす場所にいれば、さらに選択肢が増えるだろうと思って塾に行って
もらってるんだよ。そうすれば好きなところを選べるだろ?
勉強している意味をお前自身が考えればこれからどうすればいいかが必然的にわかるだろう?
別にエリートになって欲しいとかそういう考えはまったくないんだよ」

この言葉に対し、息子は「そうだね、少し深く考えてみるよ」と答えました。

受験が終わってから息子は、私が言った意味がよくわかると言ってます。
結果って長い期間の努力の積み重ねであって、すぐ出るものではない。
高校に入って3年しかないから中学校で失敗したことを繰り返さないようにするよと。
受験で失敗と成功を味わい、さらに深く考えるようになったと言っていました。

親もさらに努力をしないといけないなと感じています。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。